AGCL MEDIA

農業・発酵食品・離乳食・赤ちゃん・育児・栄養について発信しています。

アグクルが伝えるメディア

【1分解説】高野豆腐は最強の食品だった!

f:id:bb9112ks-yasu:20180925153503j:plain

大豆の加工品には、味噌、醤油、豆腐、納豆など様々なものがあります。

どれも豊富な栄養素を兼ね備えておりますが、今回はその中の高野豆腐について紹介します。

 

 

高野豆腐ってなに?

高野豆腐は、豆腐の水分を極限まで飛ばして、日干しした食品です。
信州や東北地方では、高野豆腐の別名は「凍み豆腐(しみどうふ)」と言われています。

 

<高野豆腐の製造工程>

  1. 薄く切った豆腐を野外で凍結させる(冬にやる)
  2. 水分を抜く作業を繰り返す
  3. 日干しする

高野豆腐の栄養素

高野豆腐はタンパク質・ミネラル・ビタミンが豊富です。
乾燥させているため、保存がきき、カビがついたり腐ったりしないので、日本最初の宇宙食としても採用されているほどです。

成分の50%がタンパク質

1個が約20gで、その中の半分である10gがタンパク質です。
高野豆腐100g(5個)は豆腐四丁分のタンパク質に相当します。 

f:id:bb9112ks-yasu:20180925171023j:plain

5個食べれば、1日分のカルシウムを摂取できる

人間が取らなければならない栄養素にカルシウムがあります。
カルシウムは筋肉を収縮させたり、出血を止めたりする働きがあります。

高野豆腐にはカルシウムが豊富に含まれています。
5個食べることで1日のカルシウムを摂取することができます。

f:id:bb9112ks-yasu:20180925170734p:plain

疲労回復!アスパラギン酸の豊富さ

アスパラギン酸は栄養ドリンクなどに含まれている疲労回復の効果を持つアミノ酸です。

高野豆腐100gあたりに1400mgのアスパラギン酸が含まれています。
100mlの栄養ドリンクに約200mg含まれているので、約7倍になります!

f:id:bb9112ks-yasu:20180925172707j:plain